中国の飲食店や料理に「相場」というものが存在しない理由

中国的饮食店和料理不存在“行情”的理由


新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念されている中国だが、食の多様化や高級化は猛スピードで進んでいる。中国人は飲食店を探す際、日本人以上に飲食アプリを活用しているが、そのアプリを使って、彼らはどんなジャンルの飲食店を探し、そこにどれくらいお金をかけているのだろうか?(ジャーナリスト 中島 恵)

在中国虽然人民会担心新冠病毒的感染再次扩大,但是饮食的多样化和高级化却也在急速发展。中国人在找饮食店的时候,比日本人更会灵活地使用饮食APP,他们会用那些APP找各种类型的饮食店,查看人均的价格(记者中岛惠)

● 中国で最も利用されている 飲食アプリ「大衆点評」

●中国最受欢迎的饮食应用“大众点评”


新型コロナの感染が拡大する以前、日本にやってきた中国人の多くが、このアプリを活用して、日本の飲食店を熱心に探していた。
昨今、中国では、どんなレストランが人気なのか?
私はスマホの位置情報を上海市に設定して飲食店を検索してみた。「美食」という項目を開くと、主に次のようにジャンル分けされている。
広東料理、四川料理、山東料理、海鮮料理、江蘇?浙江料理、湖南料理、北京料理、ウイグル料理、東北料理、農家料理、火鍋料理、韓国料理、日本料理、西洋料理、東南アジア料理、インド料理、バイキング、食べ放題、アフタヌーンティー、カフェ、麺料理専門店、焼き肉、中東料理、軽食?ファストフード、ベジタリアン料理……。

在新冠病毒扩大之前,很多来到日本的中国人都会利用这个应用软件,热心地寻找日本的饮食店。
那么近来,在中国,什么样的餐厅受欢迎呢?
我把智能手机的位置信息设定在上海市,搜索了餐饮店。打开“美食”这个项目,主要分为以下几种类型。
广东菜、四川菜、山东菜、海鲜菜、江苏浙江菜、湖南菜、北京菜、维吾尔菜、东北菜、农家菜、火锅菜、韩国菜、日本菜、西餐、东南亚菜、印度菜、自助餐、自助餐、自助餐、下午茶、咖啡、面料理专卖店、烤肉、中东料理、快餐、素食料理等等……。


● 1位はなんと 日本料理店だった

●第1位竟然是日本料理店

ここにはすべて挙げられないが、雲南料理、貴州料理、陝西料理など、ほとんどすべての省の料理もある。それらの料理項目をクリックすると、さらに細かく検索できる。例えば、江蘇料理という項目を見ると、日本人には馴染みが薄いけれど、中国では有名な南京料理、温州料理などがあり、それぞれ、上海市内のどこにそのレストランがあるか検索できる。
日本料理の項目を開くと、懐石料理、寿司、日本式焼き肉、天ぷら、日本式麺料理(ラーメン、そば、うどん)、鉄板焼き、日本式のバイキング、日本式の鍋料理、居酒屋……と細分化されている。
それぞれ、地区ごと、ジャンルごと、価格ごと、個室があるレストランごとにランキングが表示されている。ピンポイントで「上海市静安区の懐石料理で最も評価の高い店」を探すことも、アプリを使えば簡単だ。

在这里没有办法全部列举出来,不过包括云南、贵州、陕西等,基本上所有省的料理都有。点进去那些料理的话,可以更详细地检索。例如,从江苏料理这一项目来看,虽然日本人不太熟悉,但在中国有很有名的南京料理、温州料理等,都可以在里面搜索到上海市内有哪些餐厅。
翻开日本料理的项目,有怀石料理、寿司、日式烤肉、天妇罗、日式面料理(拉面、荞麦面、乌冬面)、铁板烧、日式自助餐、日式火锅、居酒屋……都被细分化了。
各地区、各流派、各价格、各有单间的餐厅都有排名。比如寻找“上海市静安区怀石料理中评价最高的店”,用APP的话也很简单。

ランキングは「5.0」が満点。私自身のこれまでの経験でいえば、「大衆点評」で4.0点以上ならば相当多くの人が満足できるハイレベルのレストランといえる。中心の価格帯はジャンルによって千差万別なので一概にはいえないが、昨年末のある日、「上海全域でランキングが急上昇しているレストラン」という項目があったので見たところ、上位5位以内に入っていたのは、以下のレストランだった。

评分中“5.0”是满分。就我自己迄今为止的经验而言,在“大众点评”中如果能达到4.0分以上的话,那就可以说是相当多人满意的高级餐厅了。中心的价格因种类不同而千差万别,不能一概而论,去年末的某一天,有一个排行榜是“上海全域排名急剧上升的餐厅”,其中排名前五的是以下的餐厅。

1位 「大隠割烹料理大隠手作」(5星中で4.97)1人当たりの価格帯は590元(約8900円)、大宇地区 日本料理
2位 「黄記大閘蟹専売店」(5星中で4.96)、1人当たりの価格帯は232元(約3500円)、新華路地区 上海?海鮮料理
3位 「Ultraviolet by Paul Pairet」(5つ星中で4.95)1人当たりの価格帯は5945元(約8万9000円)外灘地区 フランス料理
4位 海底撈火鍋(新松江路店)(5つ星中で4.94)1人当たりの価格帯は135元(約2000円)松江大学城地区 四川料理
5位 「樽宴」(5つ星中で4.92)1人当たりの価格帯は1068元(約1万6000円)世紀公園地区 江蘇料理 なんと1位は日本料理店だった。

第1位“大隐烹调料理大隐手作”(5星中4.97)人均价格为590元(约8900日元),大宇地区日本料理
第2位“黄记大长蟹专卖店”(5星中4.96),人均价格232元(约3500日元),新华路地区上海海鲜料理
第3位“Ultraviolet by Paul Pairet”(5星级中4.95)人均价格5945元(约8万9000日元)外滩地区法国料理
第4位“海底捞火锅(新松江路店)”(五星级中4.94)人均价格135元(约2000日元)松江大学城地区川菜
第5位“樽宴”(5星级中4.92)人均价格为1068元(约1万6000日元)世纪公园地区江苏料理第一位是日本料理店。


● 「なんちゃって日本料理店」は いまや昔の話

●“假日本料理店”是很久以前的事了


それが今では、日本国内にあってもおかしくないほど高いレベルな上、味もおいしい料理店が上海や北京などの大都市には次々とできていて、中国人で賑わっている。
その一つが「くろぎ上海」だ。東京?港区にある日本料理店「くろぎ」が2018年にオープンした店で、1人当たりの平均予算は最低でも3500元(約5万2500円)と高額だ。それにもかかわらず、地元の富裕層を中心にたちまち人気店となった。ほかにも上海で人気の日本料理店といえば、「鮨直輝」(1人当たり2500元(約3万7500円)、「鮨心和」(1人当たり2210元(約3万3000円)、「極暮.懐石」(1人当たり1678元(約2万5000円)など多数あり、とても書ききれないほどだ。

而现在,他们的日料店水平达到了即使在日本国内出现也不奇怪的高水平,而且上海、北京等大城市也相继出现了一些更加美味的料理店,中国人也非常喜欢去。
其中之一就是“KUROGI上海店”。本店是位于东京港区的日本料理店“KUROGI”,于2018年开业,人均平均预算最低也高达3500元(约5万2500日元)。尽管如此,以当地的富裕阶层为中心,这家店很快就成了人气店。另外,说起在上海很受欢迎的日本料理店,还有“鮨直辉”(人均2500元)、“鮨心和”(人均2210元)、“极暮.怀石”(人均1678元)等很多,实在写不完。

それだけ上海の人々が、ふだんから、高級な日本料理店を検索し、そこに足を運ぶにようになったということだろう。彼らは2014年ころから始まった「爆買い」で日本旅行に来るようになったが、当時と今とでは、来日の際に注文する料理にも変化が表れている。
当時は「寿司、天ぷら、ラーメン」が人気だったが、今では「日本式の焼き肉、懐石料理、ラーメン」だ。新型コロナの影響でなかなか日本に来られなくなったこともあり、日本にいるのと同じレベルのものを中国国内でも求めるようになった。中国では手に入りにくい食材などもあり、料金は日本よりも高めになるが、それでも人気は衰えない。

正因为如此,上海人平时就会去搜索高级的日本料理店,并前往那里。他们因为2014年开始的“爆买”而来日本旅行,而当时和现在,他们来日本点的料理也发生了变化。
当时是“寿司、天妇罗、拉面”很受欢迎,现在则是“日式烤肉、怀石料理、拉面”。由于新冠的影响,暂时很难来日本,所以在中国国内也开始寻求和在日本一样的水平的东西。有些食材在中国很难买到,费用比日本要高,但人气却不减。

● 驚くのは価格帯 「相場」がない中国

●让人吃惊的是没有价格带“行情”的中国

フランス料理、イタリア料理なども同様で、本場の味を求める在中フランス人、在中イタリア人はもちろん、顧客の多くが欧州旅行を経験し、舌の肥えた地元の上海人だ。高級店を挙げ出したらキリがないが、驚くのはその価格帯。
いまだに「中国は安い」と思っている日本人がいるが、少なくとも、東京にある飲食店と比較して「中国(とくに上海や北京)は決して安くない」ということだけは、はっきりわかるだろう。

法国料理、意大利料理等也一样,追求地道味道的在华法国人、在华意大利人自不必说,还有很多顾客都经历过欧洲旅行,都是一些口味很挑的当地上海人。如果列出高级店就没完没了,而令人吃惊的是价格段。
虽然现在还有日本人认为中国物价很便宜,但至少和东京的饮食店相比,“中国(特别是上海和北京)绝对不比日本便宜”这一点是很清楚的。

日本にはどんな分野でも「相場」というものがある。ラーメンならば500円くらいから、高くてもせいぜい3000円くらいだろう。どんぶり物も、どんなに高級食材がのっていても、しょせん「どんぶり」なのだから、高くても1万円くらいまでだろう、というのが一般的な日本人の肌感覚ではないだろうか。
だが、急速に発展した中国には、そうした「相場」のようなものがない。もちろん、中国でも、もともと安いものに関しては相場や平均はあるのだが、高いものに関しては青天井で、際限というものがないのだ。

日本在任何领域都有“行情”。拉面大概是500日元左右,澳门赌场赌城登入:贵也最多3000日元左右吧。盖饭无论放多少高级食材,毕竟都只是“盖饭”,所以即使贵也只会卖到1万日元左右就顶天了,这是一般日本人的感觉吧。
但是,急速发展的中国却没有这样的“行情”。当然,在中国,原本便宜的东西也有行情和平均值,但是贵的东西却是天壤之别,没有界限。

富裕層になれば「メンツ」もあり、食事代とは思えないほど高額なものでも、喜んで支払うという人がいる国なのだ。
読者の中には、食事に高額なお金をかけられる中国人は全国的に見たらまだ一握りで、「上海と北京は特別なのだ」と思う人が多いかもしれないが、ネットの発達によって、地域格差は縮まっており、こうした高級店は他の都市にも現れ始めている。新型コロナによって、彼らの生活様式もまた変わってきているが、「食への情熱」だけは決して衰えることがない。

富裕阶层的话还会考虑到“面子”,即使是昂贵的东西,也有人愿意支付。
读者之中,在吃饭上花费高额金钱的中国人还只有一小部分,也许很多人会觉得“上海和北京是特别的”,但是随着网络的发达,地域差异正在缩小,这样的高级店也开始出现在其他城市。由于疫情影响,他们的生活方式也发生了变化,但只有“对食物的热情”是绝不会衰退的。